初めての国際恋愛

出会う前
スポンサーリンク

みなさんこんばんは、読んでくれてありがとうございます。
髪の毛がバサバサでヘアーエステに行こうか悩んでるひなぼです。

ひなぼ
ひなぼ

でもヘアーエステ高い(泣)

ではつづきから

スポンサーリンク

Tinderで出会ったドイツ人

Tinderで初めて会ったアメリカ人や、UKさんとの出会いと並行して、一人のドイツ人ともTinder内でチャットが進んでいました。

Gさんとの出会い

UKさんと出会うと同じ時期くらいに、ドイツ人のGさんともマッチしていました。

UKさんとは違ってGさんは、いつも長文のメッセージでした。
メッセージは丁寧で漢字もたくさん使っていて、日本語にまったく不自由がない人でした。

ひなぼ
ひなぼ

かなり真面目で賢い方なんだろうな〜

という印象でした。

1日1往復でしたが、毎日返事が楽しみで、そんな状態で1ヶ月程すぎました。

彼は一向に、会おうとも写真を送ってほしいとも言ってこないし、Lineに移行しようとも言ってきません。(Tinderのチャットでは写真のやりとりができないので、ほとんどの人がLINEに移行したがります。そして君の写真が見たいと言う(汗))

そして、だいたい他の人は(UKさんも違ったなぁ)すぐにいつ会えるか聞いてきます。

なので私は

ひなぼ
ひなぼ

う〜ん?Gさんは何がしたいんだろう??
ペンフレンド探してるのかな??

と思っていましたが、ある日、

Gさん
Gさん

今○○bar(お互いが知っているbar)に来てるよ。
いつもハンバーガーを食べるけど、たまには違うものが食べたいな、
オススメある?

とメッセージがきて、

ひなぼ
ひなぼ

タコスが美味しいよ

と教えてあげました。
その後Gさんが

Gさん
Gさん

おいしかったよ。教えてくれてありがとう。
今度はぜひ一緒に行きましょう。

ということで、これきっかけでやっとこさ会うことになりました。

Gさんと初対面

お互いに知っているBarで待ち合わせし、仕事帰りに急いで行きました。

Tinderのプロフィールの写真で顔は知っているけど、結構違うことも多いし(角度とか、奇跡の一枚ってこともあるし(笑))そもそも私は人や物や、看板を見つけるのがヘタ。

なので店についてもなかなか見つけられず、メッセージを送ろうとスマホを見て顔をあげた瞬間、カウンター席から、こっちを見て小さく手を振る外国人。

ひなぼ
ひなぼ

なんか痩せてて弱そうな人やなぁ

これが最初の印象でした。

テーブル席に移動し、あいさつして、ビールを飲みながらの会話はとても弾みました。

しかし、気難しさを感じる人でした。日本人と違う感覚の空気読めない?読まない?
いやっあれはGさん特有の空気読まないでした。

GさんはっきりNOといいます。それは別にいいんだけど、たまに話がスムーズに進まないのです…

例えば、

ひなぼ
ひなぼ

一番好きな食べ物何?

Gさん
Gさん

一番何が好きって聞かれるのすごくキライ。
一番なんて決められるわけない。

とか…。めんどくせーって感じの人でした。

あとこの日に話していてイラッときたのは、

Gさん
Gさん

ひなぼ来た時になんですぐ俺に気づかないのか不思議だった。俺目立つやん。

と、言い放った時、

ひなぼ
ひなぼ

気付いてたんやったら声かけろやっ。ってかこの人自信過剰か??

って思いました。

後に、彼も白人、金髪、青い目で目立って、日本で差別を受けて、嫌な思いをしたことをしりました。
私からすれば、それはGさんの考えすぎのように思いましたが(前から来た自転車に乗ったおばちゃんがGさんを見てびっくりして自転車降りるとか)

ひなぼ
ひなぼ

ただたんにおばちゃんは、狭い道で前から人がくると、危険を察知して自転車降りて押すで。考えすぎ。
白人きたって、ビビってるわけではないと思う(汗)

って言っときましが、きっと私たちには分からない、視線を感じているのでしょう。

あっもう一つ、これって日本に住んでる英語圏以外の外国人あるあるなのかなぁ??
ちょっとわかりませんが、何回めかのデートで起こったことです。

二人で、立ち飲み屋さんにいき、わきあいあいと、隣の人ともなかよくしゃべっていました。

別の隣の人が、フレンドリーに英語で話しかけてきました。するとGさんは、

Gさん
Gさん

ぼくはドイツ人なので英語で話しかけられるの嫌いです。

みたいなことを言いました。Gさん曰く、日本人は白人はみんなアメリカ人と思ってるらしいです。(笑)わからんでもないけど。
う〜ん。

なひぼ
なひぼ

こころ狭っ!!

って私は思いました。どーなんでしょうね〜

もし私が外国に行って、フレンドリーに中国語で話しかけられても、私中国人じゃないからわからないや、ごめんね。って感じで話しかけてくれたことに対しては、嬉しいと思うんですけどね??

10年以上日本に住んでたら、イライラが溜まってくるんですかね?

初めての外国人彼氏

まぁGさんは、私の中で難しくてめんどくさい人で、引っかかる点もありましたがおもしろい人で、憎めない人でした。

話が面白くて、正直者で、ある時はリードしてくれて、ある時は甘えんぼで…

出会ったことのないタイプの人でした。

そして彼から

Gさん
Gさん

いつ会える?いつ会える?早く会いたい。明日は?

と、押され続けていました。

その時、私はUKさんとも会っていて、このフリーな状態を楽しんでいたので、Gさんの押しに戸惑っていました。

ある日、Barで飲んでいて、Gさんはお酒を買いに行っていたので一人で座って待っていました。

そのとき日本人のゴキゲンな男性の方が話しかけてきて、一杯おごるよ〜みたいな。

戻ってきてそれを目撃したGさんは、

Gさん
Gさん

彼女は俺のツレやねん。話しかけるな。

みたいなことを男性に言い放ちました。(驚)

ひなぼ
ひなぼ

そ、そ、そんなことされると、惚れてまうやん。

だって、今までの人生モテてこなかったし、こんなことも無かったんですもん。

そんなこともあって、ちょっとずつGさんにはまっていき、しょっちゅうGさんと会うようになりました。家に泊まったり、泊まらせたりもしていました。

でもまだ付き合ってる状態ではありませんでした。(デーティング期間?ってやつですかね)

でもUKさんとも会っていた私。どうしよう…

真剣でも深い関係でもないし、そもそもUKさんは別居中といえど既婚者。
だから最初から付き合いたいとは思ってなかったけど、遊びに行くのは楽しいしチューもしたい(チューだけね)、このふんわりざっくりした友達関係は続けていきたいと思っていました。

UKさんに会う日に、Gさんから会えるかどうか聞かれると、

Gさん
Gさん

明日あえる?

ひなぼ
ひなぼ

明日は会えないよ。友達と約束がある。

Gさん
Gさん

誰に会うの?

ひなぼ
ひなぼ

Gさんの知らないひと。

毎回こうなる。めんどくて、なんで一々報告せなあかんねんって思いましたが、
UKさんに会うって言いにくくて、なんかそれが後ろめたい気持ちになってきて…
なんとなくGさんに罪悪感があったわたし。

付き合ってるわけじゃないし、別に他の人とデートしてもいいはず…
でも他の男友達とデートって言いにくくって、友達の名前借りたりもしてました。ゴメンナサイ

ひなぼ
ひなぼ

これはGさんとの関係がはっきりしてないから、うしろめたく感じるんや!!

この関係について聞いてみたら、私の立場がはっきりして楽になるかもしれない。友達って言われたら、誰に会うのって聞かれても、関係ないやん誰でもいいでしょって言える

と思いました。(まっ彼氏でもこういうことを聞いてこない人が私の好みですが)

友達からはそんなん自分からよう聞いたな〜っていわれました。
聞いたら終わりやん。自由なくなるやんって。

たしかに。それもわかる。後ろめたく感じない場合はそれでもいいけど、私はどうやら違う。
なので心を決めて聞くことにしました。

友達って言われたら、UKさんと後ろめたさなく会えるし、彼女だよって言われたらUKさんとは会わないようにするか、完璧な音楽友達として付き合っていくことにしようと思っていました

あるデートの日

ひなぼ
ひなぼ

私はGさんの彼女?

って質問してみました。
すると、Gさんは困った様子でしばらく悩んで

Gさん
Gさん

彼女かな?いやっうんっ彼女やなっ

なんかスッキリしない返事でしたが、まあめでたくはじめての外国人彼氏ができました。

デーティング期間で悩んでる方達へ

どっちつかずの関係が楽でいいと思ってる場合なら、二人の関係について聞かなくてOK。
(いろんな解釈ができるし、人それぞれ立場もあるので、その方が楽って場合もありますよね。)
でも、悩んでいるのなら、ホントにホントに好きになっちゃう前に、
ハッキリ聞いてみるのがいいかもしれません。(会い始めてから1ヶ月以上は経っていて、カップルのような間柄なのであれば)初期段階だとダメージも少ないですし、遊びなら遊びで次にGOGO!って気持ちにも変換しやすいです。ホントに好きになってしまってる場合、友達だよって言われたときのダメージが半端ないと思われます。
西洋文化で育ってる男性は、彼女じゃなくてもすごく彼女っぽく女性を扱ってくれます。(多分。ひなぼ調べ)なのでややこしいですよね。

次ぐらいでパックンに会えるかなぁ(汗)
つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
出会う前 国際恋愛
スポンサーリンク
ひなぼをフォローする
Hinabo's Room

コメント

タイトルとURLをコピーしました